読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surphy’s diary

Surphyとは,SurfingとPhysicsを組み合わせて作った言葉です.気に入っています.サーフィンと仕事を中心に考えた事などを表現していこうと思います.

iphone 5sの水没.復活までの記録.

朝,起きてiphone 5sで黒猫のウィズを久しぶりにプレイしながら,トイレに入ったら手がすべって,

からん,からん,から,から,ぽちゃん

って渦を描いて,薄い黄色の水に落ちた.

水面下で点灯するディスプレイ.

 

「水の中でも点灯するんだ.」

っていう驚きと,それを上書きする

「はやくひろえ!」

という命令.

 

手を伸ばす.

「点灯しているから助かるかも?」

と拾い上げた.

タオルで拭く.

 

Siriが叫びまくっている.

慌ててたからなんていってたのかはまったく覚えてないけど,

(おしっこに沈められたら怒るよね.)

 

頼んでもいないのに話し続けるSiriに不安を覚えた.

だまってくれ.

 

電源OFF

 

お願い.壊れないで.

 

 

結局,次の日の朝に電源はついて,データも残っていそうでした.

以下で復活の手順を記録しておきます.

 

1. 水から拾い上げる(画面は点灯していた.Siriが暴走.うるさい.)

2. すぐに電源をOFFに.普通に電源ボタン長押しでOFFになってくれた.

3. タオルで水を拭き取る

4. 穴という穴から水が入っただろうから,iphoneを振って水切りをする.

(この行為は本当はやらないほうがいい.水の入らなかった部分にまで移動してしまう可能性があるため.)

5. ネットで水没した際の対処法を調べる.

(水切りしないほうがいいことを知る.時既に遅し.またSIMカードを抜いた方がいいと知る.)

6. SIMカードを抜き,丁寧に水分を拭き取る.肉眼では水分はついていないようだった.

7. ベランダに立てかけて放置.12時間ほど 

8. 乾いているように感じたので,電源ON.アップルのマークが表示され,起動画面に入ったが,へんな縦筋が入っているため,あわてて強制終了.

9. 分解して水分をとろうと試みる.もともと落としまくっており,画面が外れそうになっていたので,力づくで開くと,隙間が空いた.でも外すのは無理そう.隙間があると風通しがよくなるので,風通しのよいベランダに放置.3時間ほど.

10. 寝る前にベランダから乾燥剤をいれたジップロックiphoneを移動.

11. 8時間ほど放置

12. 朝起きて,起動ボタンを押すと,充電してよサイン.いつもと変わらない明るさ,マークだったので,これは直ったかも?おそるおそる充電すると,起動した.でも画面の一部が暗かったり,なんかやばそう.とにかくPCのLINEにログイン.

13. 再び,ジップロックに封印.

 

 

 

 

携帯なくて困るのは,LINEが使えないことくらいだった.

入ってる写真のデータとかは惜しいけど.

まぁなくなってもいいや程度.

でもLINEの未読の文章は逃したくない.

とりあえずPCでLINEは入れるようになったから解決!