読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surphy’s diary

Surphyとは,SurfingとPhysicsを組み合わせて作った言葉です.気に入っています.サーフィンと仕事を中心に考えた事などを表現していこうと思います.

サーフィン初心者のための2ステップモデル

初心者にサーフィンを教えるときに,2ステップモデルを使ってます.

 

今日はその2ステップモデルを紹介します.

 

そもそも2ステップモデルなんて聞き慣れない言葉だと思いますが,物理学の研究ではよく使われる概念(言葉)です.

 

その精神は,「一度に考えると複雑だから,(時間スケールや空間スケールごとに)分けて考えよう」というものです.

 

もっとわかりにくくなったかもしれません.

 

とにかく,いきなりサーフボードに立とうとする人が多すぎて,上達しないっていうのを良く見かけます.

 

そういうときは,サーフボードの上に立つというプロセスを分解して理解するといいです.

 

分解すると,

 

0. いい波を見極め,タイミングよくパドルを始める.(ここは最初はうまい人に教わるとよいでしょう.)

1.  サーフボードが波に押されて,走り始める

2. 波に押されて安定したボードの上で立ち上がる.

 

となります.

1を飛ばして,すぐに立とうとして,波に置いて行かれてしまう.そんな経験ありませんか?

 

そういうときは,2ステップモデルですよ!

 

ちなみに,ボードの上に立つと書いてますが,サーフィンに立つという動作はありません.構えるのです.(プロサーファーの方に教えていただいたお言葉をお借りしました.)