読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surphy’s diary

Surphyとは,SurfingとPhysicsを組み合わせて作った言葉です.気に入っています.サーフィンと仕事を中心に考えた事などを表現していこうと思います.

サーフィン日記(20161009 一宮海岸)

f:id:Surphy:20161019142850j:plain

腰くらい
ときどきセットで胸くらい
堤防(?)にそって弱い沖へのカレントがあった.
 
 
たまにくるセットは沖で割れる
だいたいは中間で割れそうでわれない
腰ちょいがわれていた?
インサイドでももくらい
 
 
 
 
都内にあるショップで前日に「沖のピークを狙ってつかめ」とアドバイスされていたため,最初から一番沖のピークあたりで波まち.
 
開始すぐにピーク(と思われる場所)からテイクオフ!
グーフィー方向に走るも,崩れるのがはやくスープをだらだら滑ることになる.
 
でもいつもより,曲がりやすい!
真ん中のフィンなし(なくした笑)でずっとサーフィンしてたので,フィンをつけるとかなり曲がる!
フィンが大事だと感じた瞬間.
 
すぐに沖に戻り,ピークからテイクオフ!今度はレギュラー方向に視線を送るときれいなフェイスがあり,ボトムにおりきる前に板を返して,波の上にのぼり,そこからまた板を返して,どんどんスピードがでる.波まちしている人たちの間をすりぬけていく.最高に気持ちよい.
 
そんな感じのロングライドが全部で10本くらい.
 
とても満足!
 
面倒くさがらずにセットのピークで波まちすると,ロングライドできるし(上級者がいないポイントなら)混んでないしとてもよい.